思考

今の日本は年齢が上がるごとに仕事にあぶれ、食えなくなる人が大量に発生する社会です。一般的に格差社会と呼ばれていますが、年をとれば取るほどに生きづらくなる今の日本社会は、本当に人々が思い描く理想の社会なのでしょうか?

年を取るほど ...

思考

これはBilly joel(ビリー・ジョエル)の歌Honesty(オネスティー)の歌詞より引用したタイトルです。

注意:今から書く記事はビリー・ジョエルのオネスティーとは、まったく関係のない個人的な物語です。

...

思考

自信がない人に限らず、人は少なからずコンプレックスを抱えて生きているものです。そのコンプレックスは時として武器にもなれば欠点にもなります。でも欠点がない人なんていないですよね?欠点が多ければ多いほど長所も多いはずです。

  ...

体験

注:初めに言いますが、新興宗教(カルト)をおすすめしている記事ではありません。

宗教の良いところは、その宗教を信じることによって、人間の性格が明るくなるところです。それは、なにかを信じることによって、そのこと自体が生きる目 ...

体験

日蓮系宗教の勧誘を受けてきました!宗教と言ってもいろいろな宗派や仏教やキリスト教などさまざまですが、今回は仏教(日蓮系)の宗教でした。結論から言うと、勧誘こそ強引でしたが、ぼくはその宗教団体に入信することはありませんでした。(帰りに本 ...

文化

東京に住んでいると、いたるところで怒っている人を見つけることができる。

通勤電車で相手の靴を踏んづけてしまったときなど、舌打ちされるくらいならまだいい方で、「痛ってーな、この野郎」的な言葉を発せられることもある。足を踏んで ...

思考

ここで言うブスやブサイクの定義は、顔の作りが左右対称ではない、顔のパーツが整っていない人のことです。ブスなる言葉は、心がブサイクなど、さまざまな使われ方をしますが、いわゆる「おかちめんこ」と昔から言われる、見た目のルックスに難がある人 ...

日々

生きづらさを感じながら、それでも生きることを選択する。ただ生きるんだと。息をして、腹が減ったら飯を食う。そして眠くなったら、静かに眠る。

吉田拓郎の歌「今日までそして明日から」の歌詞で「私は今日まで生きてみました」の暗い感 ...

blog

WordPressからはてなブログに移行してきて(2016年6/8から)早や4ヵ月。途中ドメインの変更があり、ブログタイトルの変更があり、ブログの画像変更がありで、かなり迷走していましたが、まだ何とか更新しています。

 

文化

この記事は、クレーマーや怒っている人に対しての3つの対処の仕方を書いたものです。うまい対処方法が分かれば、仕事にもプライベートでも役に立ちますからね。

 

怒っている人に対して、うまく立ち回れない人も多いと思い ...