Python+Djangoで本格的なアプリを作ろう

2019年8月2日

無職でも高卒でも30代後半でも独身でも社会不適合者でも大丈夫。Django(ジャンゴ)はPython(パイソン)のフレームワーク。プログラミング初心者でも本格的なショッピングサイトまでも作れてしまうのだ。

スポンサーリンク

PythonDjango超入門を読む


私はこの前、Python入門を勉強し終わった。次にAI開発を勉強している段階。しかし早く実際にWEBアプリを作って公開したいという欲に駆られた。何やらパイソンプログラムはレンタルサーバーにアップするだけではダメなのだ。そこでジャンゴの登場だ。今日ジュンク堂書店で買ってきたばかり。一人でしこしこと50ページほど読み進めた。そしてやっと「Hello Django!!」の文字をローカルサーバーに表示できたところだ。始め、本に書かれてある通りやっていたら上手くいかず手こずった。やっとスタートラインに立てたという感じがする。
しかし沖縄のジュンク堂を以てしてもジャンゴの解説本はこれ1冊しかなかった。どうやらパイソンは日本では人気がそれほどないようだ。

PythonのフレームワークDjangoで本格的なアプリを作ろう


気さくな感じの文体でわかりやすい本だった。パイソン入門を勉強して、理解できない部分が多いAI機械学習を勉強して、やっとたどり着いたジャンゴ。しかしまだWEBアプリとして1ページも公開に至っていないという険しい道のりだ。いったいいつになったら公開できるのか。7月も後半、無職になってあと少しで1ヶ月経とうとしている。このままずっと無職のままでいいならいいけど、そうはいかない事情がある。学生みたいにいつまでも悠長にプログラミングを勉強している場合ではないのだ。まずはどんな形でもいいからウェブに公開する。本の通りに進めば簡単なツイッターのようなアプリが作れるらしいので楽しみだ。
大人は学生とは違いお金を稼がなくてはどんなに勉強していても非国民扱いされる。なのでお金の稼げるアプリを開発しなければならない。でもそう考えてしまうとつまらないので、まずはジャンゴを楽しもうと思う。その第一歩が7月22日の今日なのだ。