Progate(プロゲート)のJavaScriptコースを全部やってみた

2019年9月14日

すべてはいいねボタンの実装のためにJavaScriptを勉強している。実はJavaScriptは本を数冊買って、4ヵ月ほど前から勉強している言語なのだ。

スポンサーリンク

Progate(プロゲート)のJavaScriptコースを全部やってみた

javascript

https://prog-8.com/languages/es6

プロゲートのJavaScript入門コースは、内容的には物足りない感じだった。とてもJavaScriptを学んだというレベルにはなかった。半分以上はPHPやPythonで習ったことと等しかった。

しかしどの書籍よりも抜群に身についた感じがあった。その理由はプロゲートならではの学習システムにあった。プロゲートは他の学習サービスに類を見ないテキストタイプの学習スタイル。私は初め、動画でかわいい声の女性が言語の説明をしていないことに違和感を覚えた。しかしこれが誤りだったのだ。確かにyoutubeのような(ドットインストールやpaizaのような)動画タイプの方が情報量が多いため、学習スピードも上がるだろうと考えていた。しかし現実には、動画でかわいい声の女性に解説されるよりも、テキストタイプでただ文章を黙々と読みながら静かに学習する方が記憶に残るというか記憶に定着したのだ。これはJavaScriptに限ったことではないが、新しい言語を覚えるにはまず文法を暗記ではなく、カラダで覚えることが大事だと思う。頭で考えるよりも手が勝手に動く感じ。これが動画ではなかなか覚えられないのに対し、テキストタイプの文章を読みながら進める勉強スタイルが、耳から得る情報で勉強するスタイルよりも完全に勝っていたという証明だろう。

いちばんやさしいJavaScript

プロゲートのJavaScript入門コースとは、実は簡単なようでいて、どのJavaScript関連書籍を読むよりも身につきやすい、非常に優れたyoutube的ではない、ブログ的な旧来的な勉強法だったのだ。新たな発見と共に4ヵ月前から勉強しているのに全く身につかない(いちばんやさしいJavaScriptの教本などの)JavaScriptを完全に自分のものにするために一日一歩三日で三歩、三歩進んで二歩下がりながら歩んでいきたいと思う。歩みを止めるな前に進め。そう自分を鼓舞しながら今日も生きている。