4kテレビ SONY BRAVIA KJ-43X8500F 43インチを購入した

ついに我が家にTVがやって来た。しかも4k。税込み88,000円。Netflix (ネットフリックス) やYouTubeも見られる。最高のテレビ。

スポンサーリンク

4kテレビ SONY BRAVIA KJ-43X8500F 43インチ

43x8500f

「お金はないがテレビはある」という名言を残して死んでいった。平成のカリスマたち。

私にはもちろん貯蓄はない。アイコさんがなけなしの大枚はたいて購入に至った大型テレビだ。私が初めて4kテレビを見た感想は綺麗。次に見て思ったのも綺麗。3日経ってもやっぱり綺麗だった。しかし私にはテレビを見る習慣がない。子どもの頃はテレビっ子だったが、30代半ばを超えた辺りからテレビを見ている時間がもったいない時間に思えて来てしまった。若い時分なら時間の無駄をしても、まだ未来に可能性がある。しかし30代も半ばなら、もうすでに未来がすぐそこまで来てしまっているのだ。

 

アイコさんは年末恒例、連日の過酷な勤務で疲労しているためかバタンキュー。せっかく買ったのに使用頻度が低いとは資産が負債に変化する前兆ではないかと案ずる。私が悩んでも意味はない。なぜなら私のテレビではなく、アイコさんのテレビだからだ。何事もすべては契約者に準ずるのだ。劣悪な環境で育った子どもは劣悪な環境しか知り得ないのだ。閉じた世界、テレビとは一種の箱庭的閉鎖空間ではないかと思う。令和時代にはテレビは不要の長物と化したのだ。