プロゲートのRuby入門を学んだ

今回は本格的にAndroidアプリを作る前に、日本で人気のプログラミング言語、Ruby(ルビー)を学んだ。

スポンサーリンク

プロゲートのRuby入門を学んだ

Ruby  | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート

https://prog-8.com/

実はRubyは私が今から4年前の2016年に勉強したことのあるプログラミング言語。しかし始めてすぐに挫折してしまった苦い経験がある。私にとってRubyはPHPの次にプログラミングの挫折を味わった言語なのだ。

プログラミング学習サイトのプロゲートは、Rubyに一番注力している。理由は日本で一番人気の言語だからだ。人気というのは就職に強いという意味だ。だからプロゲートはRuby学習を勧めているのだと思う。

プログラミング初心者はまずはRubyを学んで、その後でRuby on RailsというWebフレームワークを学んで、Webアプリを作るという流れを行くのが本流、正しいエンジニアへの道だと聞く。ならば私もまずはその流れに乗りたいと思う。私の場合は幸運にも無職で時間が有り余っているので、勉強に割ける時間は一日8時間もある。それと一度、PythonのDjangoで画像掲示板を作った経験があるので、Ruby on Railsの習得も恐らくそれほど時間はかからないと思う。

無職というのは考え方を変えれば絶望にも希望にもなり得るのだと痛感する。ドジでのろまな亀でも、一日一歩ずつ進んで行けばいずれゴールすることができるのではないか。希望があれば人はそれだけで生きていける。