弱者が一発逆転するためには株しかない

2020年6月20日

弱者が一発逆転するためにはバカ真面目に労働するだけではダメだ。だからといって、宝くじやロト、競馬ではダメだ。確率が低すぎるし、そもそも外れたら掛け金が0になる。株なら0になることはない。

スポンサーリンク

弱者が一発逆転するためには株しかない

7014名村造船所(月足チャート)

割安放置銘柄を買って10倍を狙うのだ。何が10倍かというと、単純に10万円で買った株が10倍の100万円になるということだ。給付金が100万円になるのだ。購入した株は名村造船所という主に造船業をしている会社。まず手始めに100株、17,000円で購入した。

なぜこの株なのか。理由は単純で不当に割安だからだ。その結果、チャートを見ればわかるように、ずっと右肩下がりを続けている。そして現在、169円終値。私が調べた結果、割安も割安、激安バーゲンセールだった。ただし安いのには理由がある。それは赤字だから。なぜ赤字なのか。理由は船が売れないから。

決算も赤字続き、作っている船も売れないのになぜそんな株を買うのか。それは決算書を見ながら電卓をはじけばわかるが、つまり会社にお金がたくさんあるのだ。内部留保が多いといえばわかりやすいかもしれない。業績は悪いが資産をたくさん持っている会社なのだ。

今日は、他にもいろいろと割安な株はないか探した。そして今のところ、この名村造船所以上に割安な株は見つからなかった。できればすぐにでも10万円分購入したいが、そこは忍の一字で下がったら買い、下がったら買いのナンピン買いで購入していきたいと思う。貧乏人は常にナンピン買いを基本としたい。資金10万円しかないなら、一気に全額張るのではなく、小分けにしてちょっとずつ買っていくイメージだ。この買い方なら買う時のちょっとした高揚感を何度も楽しむことができる。俗にいうビンボー買いである。このご時世、アメリカと中国の関係悪化でいつ暴落が始まってもおかしくない。買いは慎重になり過ぎるくらいでちょうどいいのだ。