応募したIT企業7社、全滅

面接をすることなく書類選考で落とされた。

スポンサーリンク

応募したIT企業7社、全滅

薄々わかっていたことだが、現実を突きつけられると辛い。プログラマ未経験で応募可能なWebプログラマやSler(エスアイヤー)は沖縄県内で求人を出している企業には通える範囲ですべて応募した。履歴書を送ったが全滅だった。面接にすら進むことがなかった。

なぜ書類選考で落とされたのか。考えられる理由は3つ。一つは年齢。単純に39歳でプログラマ未経験ではどこも雇ってはくれないのだ。二つ目は職歴に書いたWeb制作会社2年の経歴。実はここだけの話、経歴を詐称してしまった。本当はWeb制作会社は4ヵ月で辞めてしまったのだが、2年在職していたことにして盛って書いてしまったのだ。ただ相手方に私が4ヵ月で辞めたのか、2年居たのかはわからないと思う。問題はそこではなく、勤めていた会社名である。なんと私が履歴書に書いた会社名はネットで調べても出てこない。正確には同じような名前の会社は多数ヒットするのでよくわからない状態なのだ。もし相手方が企業名をネットで調べた場合、怪しい経歴という印象を与えてしまったはずだ。私はたぶんそこまで調べることはしないだろうと思ったので、実際に2年勤めた会社であることには間違いない会社を記載した。正確には業務でWeb制作をしていたが、記載した会社は正式なWeb制作会社ではないのである(正式なWeb制作会社は4ヵ月で退職している)。

さて落ちたと考えられる理由3つ目であるが、私の経歴が怪しいという理由ではないかと推測する。学歴、職歴をざっと見てみると、山梨県の高校を卒業後、東京にいたように感じられ東京の職業訓練校に通っており、その後、なぜか沖縄に移住して職を転々とし、職業訓練を受けている。冷静に見れば、何かあるのではないかと勘繰られてもおかしくない経歴なのだ。まるで指名手配犯のような生き様である。この人はなぜいい年して沖縄に移住し、職業訓練校に通っているのか、履歴書だけではその実態が見えてこないのだ。まさか履歴書に結婚を機に沖縄に移住とは書けない。

以上の事柄を相手企業が総合的に判断したかどうかは定かではないが、39歳高卒で職歴が怪しく、なぜ沖縄にいるのかなど、不明な点が多数存在し、それが結果的に仇となり面接すら受けることなく惨敗したと思われる。働きたいのに働かせてもらえない。あと数社受けてみるつもりだが、それもダメなら。あとは…。