好き勝手言って人に迷惑をかけながら生きる

自分の思ったことをすぐに口に出す奴は嫌われる。それが私である。

スポンサーリンク

好き勝手言って人に迷惑をかけながら生きる

親しき中にも礼儀あり。勿論、人として最低限のモラルはある。ただそれだけだ。私は業者と身内以外に金を借りたことはない。借りたといっても数万円程度のかわいいものだ。そうではなく、たとえば酔って話をしているときに忖度ない会話をしたいのだ。暴言を吐いたって言い。ときには喧嘩になることもある。そうじゃなきゃ面白くない。それで友人を失うこともあるがそれはそれだ。人は最後の最後は助けてはくれない。結局、自分の人生は自分で切り開いて行くしかないのだ。


仕事も探してはいるが、どれも昔やったことのある仕事ばかりで退屈極まりない。退屈でつまらない仕事だから他人を雇うという理屈。時給はどれも最低賃金プラスアルファ。早く最低賃金を1500円にしてベーシックインカムを、と願う。世界から低賃金で雇われる社会がなくなればいい。一部の経営陣だけが巨万の富を築き上げる世界はなくなればいい。自分だけ良ければいい、社長だから一番給料をもらってもいい。そんなバカげた世界はいらない。社長なんて金があれば誰でもできる。下らない階級を作るな。ばかもん。


チンポコの子はチンポコってか!?ばか。ばかばかばか。チンポコツチノコなんていないんだよ。一攫千金なんて夢のまた夢。ジャパンドリーム?ふざけてるね。他人様に大いに迷惑をかけて生きよう。キチガイ天国、大いに結構じゃないか。