YouTubeに動画をアップして生き恥を晒す地獄

歳が若ければ失敗するのもいい。ただいい年して失敗するのは正直きつい。

スポンサーリンク

YouTubeに動画をアップして生き恥を晒す地獄

生き恥をさらす。そんなことはどうでもいいことだ。失敗したっていい。別に動画などアップしなくても人は生きて行ける。わざわざできもしないことに挑戦しなくていい。ただ平凡にサラリーマンをやっていれば生活はできる。でも本当にそれでいいのか。私は思う。多くの賢人が自分のできることしかしない人生で終わる。よく言えば堅実なのだ。イチかバチかの冒険はしない。ほとんどの人間が口ばっかりの頭でっかち。そういう人は面白くない。と言っている自分も面白くない。別に面白くする必要もないわけだが、なぜか面白さに拘る自分がいる。理由はわからないが、たぶん小さい時に女子から面白いと言われたことが影響していると思う。そのときの感動が今なお、私の行動の原理原則になっているのだ。

YouTubeというおじさんにはかなりきつい分野であるが、挑戦しない者、あきらめたもの、考えてばかりで行動しない者、変化できない人間はリングに上がろうともしない。どうせこの世が地獄なら生き恥晒して生きていきたいと思う。たとえ誰の共感を得られることがなくても。上手くいくいかないは時の運。運命とは残酷なものなのだ。