お金があって出世して家族がいて友人も沢山いて頭が良くて。そんなことに価値はあるのか

重要なのは見せかけではなくて、人類が誰もなしえなかった仕事を成し得る人間になることではないか。

スポンサーリンク

お金があって出世して家族がいて友人も沢山いて頭が良くて。そんなことに価値はあるのか

お金があって出世して家族がいて友人も沢山いて頭が良くて。そんなことに価値はあるのか

家の窓から見える自然。聞こえてくる小鳥の鳴き声。癒される。ああ鳥はおしゃべりだな。どんな会話をしているのかな。

道を歩けば、道端にそっと咲く花を見て思いに耽る。クモの巣があればクモをじっと見つめる。人間とは何と愚かな生き物なのだろうかと思う。

でも私は鳥のように飛び立つことはできない。クモのように巣をはることも花のように咲くこともできない。人間なんだ。現実社会を生きるしかないのだ。

他人より私の方が金を持っている、他人より私の方が社会的に偉い、他人より家族や友人が沢山いて愛されている、他人より私の方が頭がいい、そんなことに価値はあるのか。答えはNO。ナッシング。

 

このブログを書いてもいくらにもならず、YouTubeもダメ、アフェリエイトもダメ、愚痴聞きもダメ、サラリーマンもダメ、アルバイトもダメ、小説も書けず、絵も下手、演技も大根、悪人にもなり切れず、善人にもなれない、頭も禿げてきて体力も落ち、ブログを書けば誹謗中傷に合う。

考える。私のように何もない人間はどのように生きればいいのか。もしかしたら何もない人間の方こそ幸運なのではないか。何もないからこそ達成できる境地や仕事があるのではないか。生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。ゼロは何を掛けてもゼロ。永遠のゼロなのだ。