文化

砂の女は、1962年(昭和37年)6月8日に刊行された、安部公房の小説である。

アリ地獄のような砂の穴の中で生活する一人の女と、そこに監禁された旅人の男。

すべてを想像で書き上げるその才能に嫉妬してしまう。

日々

誰にでも生まれてきた理由や役割がある。

そんな言葉を遠い昔に聞いたことがある。

その言葉や生まれたことの意味を考えてみる。

 

考えてみること数時間。

 

うーん ...

日々

ぼくは、休みの日は誰とも話しません。

それは誰も話し相手がいないからです。

寂しい話です。

孤独とは悪なのか、それとも善なのか?

 

あなたは休日に人と話しますか?

話題

この動画を観たのは、ずいぶん前だった。

改めてみると、感慨深いものがこみ上げてきた。

 

 全国のニート諸君に告ぐ!

一刻も早くその部屋から飛び出して、社会のために働きなさい!!!

思考

いきなりスピリチュアルな話ですが、みなさんは生まれ変わりを信じていますか?

ぼくは、信じたいけど信じていません。

 でも信じたいですよねー

生まれ変わったら美人に生まれて男をとっかえひっかえしたいと ...

体験

これは同じようで違う2つの話だ。

 

どちらが好きか、それともどちらも嫌いか、意見が聞きたい。

 

 

まず1つ目の話。

 

包丁を持った男

  ...

日々

結論。

わからないから誰か教えて

 思い起こせば、34歳を越えてから急速に嫌われるようになった。

その理由がまったくわからない。

 

考えられることとしては、飲酒が最大のキー ...

体験

こんにちは、hamarenです。

今日は気持ちいくらい晴れてます。

みなさん気持ちいいことしてますか?

 ぼくは、ブログを書くことが気持ちいいです!

と、思い込むことにしてます。 ...

話題

こんにちは、hamarenです。

みなさん!トイレ行ってますか?

ぼくは、毎日いってます。

 当たり前のことを当たり前に書く。

これがぼくのポリシーです。

 

あ ...

プログラミング

webデザイナーってどんな仕事するの?

それはね、ごにょごにょごにょ。

 webデザイナーについて知りたいって思っている、そこのあなた!

35才以上ですか?

それとも20代ですか?